ICLで安定した視力を手にしよう

レーシックは角膜を30mmほど切るのですが、ICLはたった3mmで済みます。

 

視力が持続するのもICLの引き寄せられるです。

 

高次収差というのは不正乱視と呼ばれている光の屈折異常のことをさします。

 

レーシック手術の悪い面が、ICL手術においてはメリットになるのです。

 

そのため、術後の不自然さやドライアイを感じる事がレーシックに比べるとかなり少ないのです。

 

レーシックで角膜を削ったケース、高次収差が増加する事があります。

 

やはり高価な手術代を支払ったにも関わらず、近視が戻ってしまうのは嫌だと思います。

 

他にも、見え方の質が高いです。

 

しかも、ICLは老後など将来的に何かあった時にでもレンズを取り出せば良いという可逆性もメリットだといえます。

 

高次収差が多々あるとものの輪郭がかすんでしまったり、二重に見える事もあります。

 

剛性近視の場合、角膜を削る量が多くなりますので、高次収差が大きく増加する性質にあるのです。

 

実際に元々持っていた乱視が、ICL手術の後に改善されたというのも少なく有りません。

 

これらの事から、ICLはレーシックより安心性がとても高い手術テクニックなのです。

 

角膜の知覚神経を傷つけてしまう危険性もないのです。

 

ICLは、確か性がとても高いというのが大きな引き寄せられるの1つです。

 

ICLは物理的なレンズを埋め込む治療テクニックですので、週副作用が働き近視に戻ってしまう事はないのです。

 

 

レーシックでは角膜を削ってフラットにするのですが、人間通常の性能としては元通りの形状に戻ろうとする修復作用が働く事で近視に戻る事もあります。

 

とはいっても、レンズが入った状況で近視の症状が進行してしまうと視力が落ちることもあります。

 

その一方で、ICL手術のケースには角膜を削らないために手術後の高次収差増加は少ないですし、質の高い見え方ができるようになります。

 

レーシックは近視に戻る確率があるのですが、ICLは半永久的に戻らないというのが最大の良い面です。

 

乱視持ちの事例、手術後に症状が改善する事もあるくらいです。

 

 

page top