ICLで安定した視力を手にしよう

治療を受ける場合は、屈折度数が最低でも1年以上は安定していなければなりません。

 

患者さんの度数がレンズ応対範囲内なのであれば、近視、乱視も和らげるされますので、メガネやコンタクトレンズといった視力矯正器具には全部頼らず、良好な裸眼視力を得る事ができます。

 

治療の対象となる度数には上限があります。

 

角膜の形状を移り変わりさせるもの、ICLなど眼内にレンズを入れて矯正するものとに分類されます。

 

視力矯正法としてはメガネ、コンタクトといったものが一般的です。

 

 

ICL治療はレンズを眼内に挿入し、視力の矯正をします。

 

角膜の内皮細胞数が年齢応じた規定数を下回っている時にはICLを受けられない事もあります。

 

とてもまれではありますが、合併症のような危険性を伴う事もあります。

 

上限は-18Dの近視度数、乱視-4.5D迄となっています。

 

ICL治療は老眼を治療するものではなく、老眼がはじまる40歳以上の方は、術前近視によって老眼鏡が必須になるなど、治療を受けてから老眼鏡が必須になる時もあります。

 

結膜炎、持続性角膜浮腫、眼内炎、グレア、ハロー、瞳孔ブロック緑内障、重篤な眼炎症などです。

 

年齢は21歳から45歳までの近視に苦慮している方を対象に行われる治療テクニックになります。

 

眼内コンタクトレンズ治療というのは、国内において承認された医療機器を使用した安心性の高い、確立された治療テクニックです。

 

その上次のような方の場合にはICLが受けられない可能性もあります。

 

ただし、屈折矯正手術としては、PRK、レーシック、IOL治療などがあります。

 

医者が眼の形状が治療に向いていないと決断した時や、懐妊中、授乳期間の方です。

 

治療を検討する場合には治療に関連する確か情報をちゃんとと見極めしておかなければなりません。

 

より詳細に知りたいのであれば、ICL認定クリニックを受診して相談するのが良いでしょう。

 

けれども、この治療には危険性を伴う場合もあります。

 

ICL治療というのは、屈折異常眼野視力補正を目的とした治療方法です。

 

 

page top