ICLで安定した視力を手にしよう

レンズを入れるために切開しなければなりませんが、この切開創は3mmと非常に小さく、点眼だけでも自然と治癒してしまうほどです。

 

術後のかなり早い段階で視力が移り変わりしたのを体感できるでしょう。

 

多くの時に良好な視力が得られるのもトレードマークとなっています。

 

視力は1日から1週間ほどで充分にと回復します。

 

ICL手術の所要時は、慣れた医者なのであれば、両眼あわせると30分から40分ほどです。

 

ICLのレンズ材質は、水酸化エチルメタクリレート、しかもコラーゲンとを共重合させたCollamerという素材が使用されます。

 

そして長期に渡ってレンズとしての昨日を果たしてくれるのです。

 

ICLというのは、日帰り手術ができるになります。

 

 

ただし、ICLであればそのような症状も出にくいのです。

 

スペシャルなメンテナンスをする不可欠はないのですし、目の中で長期間にわたって透明な様子を充分にと維持できます。

 

角膜を削るレーシックのケースには角膜の表面を完璧な曲線にはできないために、暗闇で光を強く感じ過ぎたり、ぼやけて見えたりといった症状が出ることもあります。

 

準備されているレンズの矯正度数範囲が広いですので、術前の裸眼視力が0.1以下の様な剛性の近視だったとしても、術後の裸眼視力は1.0を超えるといわれています。

 

角膜を削る事によってレンズが通常もっている集光スキルが低下してしまい、コントラストの感度が低下して、暗いスポットでものが見えにくくなることもあります。

 

術前に計算によって出される目標の視力、そして実のところに術後にやり抜くできた裸眼視力との差異が小さい事を見当性が高いといいます。

 

両眼を同日に手術ができますので、何度も病院に行く手間もかかりません。

 

縫合の必要さえないのです。

 

レンズはかなり柔らかい素材で作られており、細長くたたんでから目の中に入れていきます。

 

長期的な安定性と確か性に関しても、ICLは魅力的です。

 

ICLは、この予見性がきわめて高いのも特色です。

 

生体合致性がかなり高く、目の中にいれても異物として認識されにくいという相当優れた材質になります。

 

 

page top