ICLで安定した視力を手にしよう

それ故、即時的にドライアイが生じやすくなります。

 

レーシックと大きく異る特色になります。

 

 

ICLの手術を受けられた方のケースには、ひどい近視の戻りは報告されていません。

 

ICLでは、こうした視覚障害の出現もないのです。

 

角膜を削るレーシックの事例には、フラップを製作する時に必然的に角膜の知覚神経が切断されてしまいます。

 

ICLのレンズは、スペシャルな理由がない限り交換の不可欠などありませんし、デフォルト目の中に入れたままで問題ないのです。

 

万が一、術後に問題が生じたケースにはレンズを取り出し、元通りの状況に戻せるのです。

 

レーシックを受けた方の時には、近視の戻りと呼ばれるもので、手術を受けてから数年の間で視力は近視ぎみにもどってしまう事もあります。

 

学会で公表されるICLの術後経過報告というのは、術後の裸眼視力が1.0以上に回復しています。

 

このような近視の戻りというのは、剛性近視の方であればそれだけ明確と現れるようになるといわれています。

 

ドライアイなどの視覚障害の生じて危険性を最小限に抑えられます。

 

その上、術後に生じる角膜表面の歪みによってハロロー、グレアなどの視覚障害を起こす見込みもあるのです。

 

無論、術後でも術前の様子に戻せます。

 

長期的に安定しているケースが大方です。

 

現在までにはレーシックを受けたいと思っていても受けられないという方が多かったと考えます。

 

コンタクトレンズがなければものが見えない、という大きな厄介を感じる事はないのです。

 

これは学会においても証明されています。

 

角膜のレンズとしての集光アビリティーがひどく低下する事によって、陰気なところで色、濃淡が見づらくなってしまう事もあります。

 

レーシックを受けたくても受けられなかった人で、このICLであれば問題なく受けられますので、夢のコンタクトレンズとの決別ができるになるのです。

 

コンタクトレンズから離れたいと思うのであれば、ICLを相当推奨します。

 

ICLなら長期的に安定した視力を入手する事ができます。

 

 

page top